S M L
トップ  >  園長作  >  Too childish curiosity  >  Too childish curiosity 17
おむつ 女の子 大学生 おもらし おむつ遊び おねしょ
「あははは、ごめんごめん。さ、おむつ外したよ~」

「ありがとう。・・・ん?あれれぇ?」

私は夏子ちゃんにお礼を言うと同時に、夏子ちゃんのお股に異変が起きているのを見つけた。

「もしかして、なっちゃんもおねしょしたぁ?」

「ああっ!なっちゃんもおねしょしちゃったぁ!さなちゃん、おむつ替えてぇ」

「いいよ~。今度はさながお姉ちゃんね!」

「うん、なっちゃんのおむつ、キレイキレイしてぇ」

私のおねしょの量もたっぷりだったが、夏子ちゃんのおむつもまた、たっぷりのおねしょを吸っていた。しかも、その量は私のものに比べてさらに大量だった。

たっぷりおねしょをした夏子ちゃんがすごく可愛いので、ついついおむつをプニプニとつついてしまった。

プニョプニョとした心地よい感触と、吸い込まれていたおしっこが指の圧力でにじみ出てしまうのか、時々夏子ちゃんが上げる

「ひゃんっ!」

という声が、私の好奇心を強く刺激する。その一方で、されている夏子ちゃんの方は絶体絶命の状態だった。

「ちょっ・・・、やめて・・・!さなちゃ・・・!わt・・・、・・・っこ・・・ちゃうぅ!」

「え?なっちゃん、どうしたの!?」

夏子ちゃんが何かを言っている様子だったので、私は手を止めた。

「ちょっとやめて!さなちゃん、私、おしっこ出ちゃう!!」

「嘘ぉ!?」

「さなちゃん・・・、もう・・・、だめ・・・!」



しゅいいいいぃぃぃぃいいいいぃぃぃぃ・・・



「はあぁぁ・・・、さなちゃんの、意地悪ぅ・・・」

「ごめんなっちゃん!」

「嘘だよん♪久しぶりにおむつにおもらしして、気持ちよかったから許す♪」

なぜか夏子ちゃんに許された。
プリンタ用画面
投票数:14 平均点:5.00
前
Too childish curiosity 16
カテゴリートップ
Too childish curiosity
次
Too childish curiosity 18

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧