S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 10
男子 大学生 侵入者
その時、自宅のドアホンのチャイムが激しく鳴り響いた。玄関の方からは、扉を乱暴に蹴っているような音も聞こえる。



「怖い・・・。お兄ちゃん・・・、助けて・・・!」



ふと相手が、俺に助けを求めてきた。理由は分からないが、俺のことを『お兄ちゃん』と呼んで。

俺はまず、アプリで監視カメラの様子をチェックした。



「こいつらか・・・」



ドア前のカメラが映していたのは、たばこを吸った3人組の女子高生だった。時々「開けろ!」と怒鳴っているのも見える。

相手の気弱さにつけ込んで、犯罪行為をさせて笑うこいつらが、俺は許せなかった。

扉を開ける。3人は一斉に俺の方をにらみつけてくる。



「何よ!出しなさいよ!北村、中にいるんだろ?」



「はぁ?北村?俺はそんなヤツ知らねーな!」



突然相手が名前を出してきたので、俺は白を切るしかなかった。侵入者は名前など一切名乗ってこなかったからだ。



「とにかく出しなさいよ!」



「待て。あいつは犯罪を犯したんだ。警察に引き取ってもらうつもりだ」
プリンタ用画面
投票数:11 平均点:5.45
前
俺の彼女は侵入者 9
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 11

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧