S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 26
男子 大学生
それから一週間が経った。俺は犯罪の被害を受けたことで、あわれな人間として大学で有名になった。

何も盗まれていないにもかかわらず、友人たちは『住居侵入=泥棒』というイメージが強いのか、



「権藤、お前は何とかわいそうな奴なんだ・・・」



と言って差し入れをくれた。俺は断ろうとしたが、良心で渡していることに変わりは無いので、断ることはできなかった。

そして俺の家は、どうでもいい差し入れによって再びにぎやかになっていった。

さすがにエロDVDが渡されることは無かったが。





あの事件から一週間が経っているのに、差し入れをくれるだけでも嬉しいのに、俺の心はなぜか晴れない。



「あの子、一体どうなったんだろう・・・」



あの時の、怯えながらも俺の家に必需品を送り付けたあの少女のことが、どうしても気になる。

鑑別所送りとなったのだろうか?刑は無かったものの、犯罪を犯したことで退学沙汰となったのだろうか?

はたまた、謝罪のみで何もなかったのだろうか?
プリンタ用画面
投票数:13 平均点:4.62
前
俺の彼女は侵入者 25
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 27

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧