S M L
トップ  >  園長作  >  Too childish curiosity  >  Too childish curiosity 6
おむつ 女の子 大学生 おもらし おむつ遊び
(夏子ちゃんの視点)

「ううぅ・・・、ぐすん・・・」

私は早苗ちゃんになんてことを言ってしまったのだろうか。

早苗ちゃんは、自分が恥ずかしい思いをすることを覚悟して、私におむつを勧めてくれた。

私だって、早苗ちゃんが穿いていたおむつがすごく気になるし、私も穿いて早苗ちゃんと一緒に遊びたい。

早苗ちゃんに非は無いことは痛いほど分かっている。けれども、私の欲求は理性の壁を打ち破ることができなかった。

そして、「おむつは赤ちゃんや、おねしょしちゃう子が穿く恥ずかしいもの。それを趣味で穿いてる早苗ちゃんは頭がどうかしてる」という理性のままに、早苗ちゃんを罵倒してしまった。



「私・・・、どうしてさなちゃんにひどいことを・・・」

この時私は、初めて自ら親友に放った毒舌を呪った。

早苗ちゃんはきっと、今の私の発言で激怒したに違いない。

早苗ちゃんはお姉ちゃんのようなゆったりと構えた性格だから、悲しみしか表情に表さなかっただけで、本当はものすごく怒っているに違いない。



ガチャ・・・



バタン!



早苗ちゃんの部屋と、玄関から、2回続けてドアが開いたり閉まったりする音が聞こえた。私は慌てて自室から飛び出し、家中を探した。

しかし、早苗ちゃんの姿はどこにも無い。早苗ちゃんの部屋に入ってみる。例のタンスをすべて開けて調べたが、おむつどころか、パッケージすらも見当たらなかった。

私の両目から、急に涙がこみ上げた。

「ふえぇ~ん・・・、さなちゃぁ~ん!」

私があんなに気になっていたおむつ・・・。しかし、早苗ちゃんは私の発言に怒って、全部捨ててしまったのだろう。あの時素直に早苗ちゃんの誘いに乗っておけばよかった・・・。



『おむつ遊びは楽しいわよ。穿いてみなよ。』



私のおむつに対する興味は、元をたどれば、早苗ちゃんと同居し始めた頃、彼女がふと私に話した言葉だった。

すごく単純だけど、私にとっては聖書級に重要な言葉だと思った。

だが、私の理性は、率直に彼女の誘いを断ち切ってしまった。それどころか、おむつ好きの人のマイノリティを指摘するという、おむつ好きの人にとっては致命的なことを言ってしまった。

今更訂正しようと思ってももうできないだろう。後の祭りだ・・・。私は泣きながら、自分の発言を恨んでいた。
プリンタ用画面
投票数:11 平均点:4.55
前
Too childish curiosity 5
カテゴリートップ
Too childish curiosity
次
Too childish curiosity 7

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧