S M L
トップ  >  園長作  >  Too childish curiosity  >  Too childish curiosity 7
おむつ 女の子 大学生 おもらし おむつ遊び
出て行ってから20分程度で、私は自宅に帰って来た。すると突然、夏子ちゃんが私のもとに歩み寄ってきた。

外が寒いわけではなく、普段はリビングから「お帰り~」と言うだけだったので、なぜ歩み寄ってきたのかが分からなかった。

「さなちゃん!あの・・・、そのぉ・・・」

「ん?どうしたのなっちゃん?」

「さなちゃん・・・、私・・・」

「恥ずかしがらずに言ってごらん?私怒らないから」

「さなちゃん・・・、私・・・、おむつ、穿きたいの!」

驚いた。夏子ちゃんがおむつを穿きたがっていることは知っていたが、まさかここで口に出すとは思わなかった。

しかし、今日の夏子ちゃんの発言には、おむつ好きとして目に余るものがあった。

彼女におむつを穿かせてあげる前に、まずはその点について問い質さなければならない。

私は言ってしまったからには、思ってしまったからにはやり通すという『一貫性』の無い支離滅裂な人間が大嫌いだ。

昔から冗談が通用せず、本気で口喧嘩をした経験もある。私は夏子ちゃんの言動と思考、行動の一貫性の無さを、そんなに手厳しくはできないが、親友として説教してあげなければならないと感じた。



「ねぇなっちゃん、本当におむつ穿いてみたいの?」

「・・・うん!」

「でも、あなたは私にひどいことを言っちゃったわよねぇ。その後私は外へ出たわけだけど、どうしたか分かるかなぁ?」

「・・・持ってたおむつを全部捨てた」

「うーん、大体合ってるけど、私は無駄にするのが嫌いなの。だから、ごみ捨て場に捨てたんじゃなくて、全部リサイクルショップで売ったわ。

私やあなたみたいな『頭のおかしな子』のためじゃなくて、本当に必要だけど、お金の無い子たちのために。もちろん使いかけだったから、大したお金はもらえなかったけど」

「あううぅ・・・」

「じゃあ、何が私におむつを手放させたのかなぁ?」

「『さなちゃん!それはあまりにもおかしすぎるよ!第一布のパンツより紙おむつの方が気持ちいいだなんて、頭おかしいんじゃないの!?』」
プリンタ用画面
投票数:15 平均点:6.00
前
Too childish curiosity 6
カテゴリートップ
Too childish curiosity
次
Too childish curiosity 8

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧