S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 7
男子 大学生 侵入者 おむつ
「・・・おい。

お前何で勝手に俺んちに入って来てんだよ?」



開口一番、俺は侵入者を問い質した。



「あのぉ・・・、その・・・、忘れ物、取りに・・・」



「忘れ物?ああ、これのことか?」



相手が忘れ物を取りに来たと言ったので、俺は昨日送り付けられた、おむつの入った紙袋を差し出す。

すると、相手はばっと紙袋を俺から奪い取り、胸元でしっかりと抱き寄せながら俺の方を見つめた。

頬全体を、十分に熟れたリンゴのように真っ赤に染めて。



「ごめんなさい・・・。ホントに、ごめんなさい・・・!

うわあぁぁん!!」



相手は突然俺に謝罪したかと思うと、そのまま泣き出してしまった。

質問に答えていないことに腹を立てながらも、突然のことなので慌てふためきそうになってしまう。

だが、俺は何とか冷静を保った。ここで動揺してしまったら相手の思うつぼだと、俺の頭が働いたのだろう。



「悪いけど、お前は俺の質問に答えてねぇぞ。ちゃんと答えろ。お前はどうして勝手に俺んちに入ったんだ?」



これでもかなり冷静で、手加減した言い方だ。冷静になっていなければ、はるかに暴力的な言葉遣いになっていただろう。

泣きわめいていた相手は、涙をこらえて口を動かした。
プリンタ用画面
投票数:9 平均点:7.78
前
俺の彼女は侵入者 6
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 8

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧