S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 12
男子 大学生 侵入者 おむつ
リビングに戻ると、侵入者はなぜか涙を流していた。



「おい!どうしたんだ?」



「うぅぅ・・・、おしっこ、出ちゃいましたぁ・・・」



「そうか。よく我慢したな。今替えてやるからな」



俺は紙袋の中から開いているパッケージを取り出し、その中からおむつ1枚を引っ張り出す。

そして、床にへたり込んでいる相手を立たせ、ズボンを脱がす。一応、プライバシーのため、カーテンも閉めておく。

すると、取り出したものと同じようなデザインや形状のおむつが現れる。たっぷりのおしっこを漏らしたらしく、おむつは股から尻にかけてもこもこと膨らんでいる。



相手のおむつ替えに手間をとってはいられない。サイドステッチを力づくで破り、股と尻全体を乾いたタオルで拭き、おむつを穿かせる。

おむつ替えを終わらせると、俺は相手に指示を出した。



「いいか?お前はすぐ110番通報しろ。俺はあいつらが侵入した時の証拠品を集めておくから」



「はい!」



今回はきっちりと返事をしてくれた。二人で協力して、3人のヤカラをとっ捕まえにかかる。
プリンタ用画面
投票数:27 平均点:5.93
前
俺の彼女は侵入者 11
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 13

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧