S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 28
男子 大学生
だが、彼女と母親はにっこりと笑っていた。どこか満足げな雰囲気を持って。



「お兄ちゃん!あのね、私、お兄ちゃんちに遊びに行ってもいいかな?」



俺はOKせざるを得ないと思うほど、ひどく興奮していた。

今まで女に好かれることなど無かったからだと思う。

母親も彼女を止めるつもりは無いようだ。



「やったぁ!

じゃあお兄ちゃん、○○日に遊びに来るから、お家で待っててね。

じゃないと、あの時みたいに侵入しちゃうかもよ?」



最後の言葉が妙に恐ろしく感じられた。

お前、あの時警察に連れて行かれて、面倒なことになったのを覚えてないのか!



「分かったよ、家にいるから。

俺がいなくても、侵入なんか絶対にするんじゃねぇぞ?」



「今の冗談だよぉ!」



「冗談にも程があるぞ。気を付けろ」



「うぅ~」



まぁ、彼女にだったら何度でも侵入されてもいいかな、と思う。
プリンタ用画面
投票数:10 平均点:5.00
前
俺の彼女は侵入者 27
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 29

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧