S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 29
男子 大学生 女の子
約束の日はあっという間にやって来た。

あいつに侵入されては困るので、鍵はあえて開けっぱなしにしておく。

これなら鍵をいじられても、逆に鍵は閉まる。一種のドッキリだ。



約束の時間が近づいてきた。俺は飲み物とお菓子の準備をする。

彼女曰く、2人か3人で来るということだ。休日だが、さすがに父親は来ないだろう。

たぶん、母親と彼女ともう1人の子供が来ると思われるので、1杯にはアイスコーヒーを、残りの2杯にはオレンジジュースを注いだ。



テーブルに飲み物とお菓子を置いたその時、約束の時間になった。そして、



ピーンポーン



ドアホンからも実にタイミングよく呼び出し音が聞こえた。

アプリで防犯カメラの映像を見てみると、確かにあの子を含む3人の姿が。

ドアホンのマイクを起動し、3人に話しかける。



「もしもし?鍵は開いていますから、どうぞお上がりください」
プリンタ用画面
投票数:10 平均点:5.00
前
俺の彼女は侵入者 28
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 30

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧