S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 30
男子 大学生 女の子
ガチャッ



「お兄ちゃ~ん!こんにちは~!」

「うわっ!」

「こらこら。みのり、いきなりお兄さんに抱きついちゃダメじゃない!」

「失礼します♪」



ドアが開くなり、いきなり彼女が俺に抱きついてきた。

俺は一瞬、心臓が明後日の方へ吹っ飛んでしまいそうになった。

そんな彼女を母親が優しく注意する。取り調べの時とは違う、ほんわかした関係だ。

一方、もう1人の女の子は、わくわくした表情ではあるが、律儀に挨拶をしている。

見る限りは、彼女が妹で、その子は姉であるかと思われた。



「お飲み物とお菓子は用意してありますので、ご自由にどうぞ」



俺は大学生だ。来客の中に大人がいれば、ちゃんと大人の対応はする。

まだまだ未熟で、イライラしやすかったり無礼だったりもするけれど。



「もう本当にすみません。あなたに何と言ったらよいか・・・」



母親がお詫び交じりに感謝の言葉を述べる。
プリンタ用画面
投票数:10 平均点:4.00
前
俺の彼女は侵入者 29
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 31

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧