S M L
トップ  >  園長作  >  俺の彼女は侵入者 22
男子 大学生 侵入者 警察
警官はとても複雑そうな表情しか見せない。恐らく刑罰や学籍の取り扱いといったところで、悩んでいるのだろう。



「最後に聞きますが、あなたは何も盗まれませんでしたか?おむつを送り付けられて不快に思ったことはありますか?」



「そうですね。さすがにDVDを送り付けられたときは腹が立ちましたけど、おむつは不快に思ったことは一度もありませんね。

盗まれたものは何もないですね。ただただ、侵入するたびに何かものを送り付けられるだけでした」



警官の表情がさらに複雑そうなものになる。しばらく考えていたが、最後というだけに、これ以上質問をすることはなかった。



「とりあえず、被疑者のご両親を呼ぶね。連絡先が書かれたものはあるかな?」



彼女は自分の生徒手帳を取り出し、警官に見せた。



「ふむふむ。じゃあ今から呼ぶね。お父さんとお母さんの前で謝ってもらうからね。いい?」



彼女は無言で頷いた。
プリンタ用画面
投票数:18 平均点:6.67
前
俺の彼女は侵入者 21
カテゴリートップ
園長作
次
俺の彼女は侵入者 23

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧